, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY
Photographer: Chris Ratcliffe
cojp

世界のPC出荷、13年以来最大の落ち込み-新型コロナで供給網に支障

  • 1-3月期は前年同期比12%減の5160万台-ガートナー
  • 市場シェアはレノボが約24%で引き続き首位、HPは約22%で2位
Samsung Electronics Co. Chromebook laptops sit on display in the Google Inc. sales area at a Currys and PC World 2 in 1 store, operated by Dixons Retail Plc, on Tottenham Court Road in London, U.K., on Wednesday, Dec. 7, 2011. U.K. shop-price inflation slowed in November to the lowest in a year as a supermarket price war curbed food-cost increases, the British Retail Consortium said.
Photographer: Chris Ratcliffe

世界のパソコン(PC)出荷は1-3月(第1四半期)に2013年以来最大の落ち込みを記録した。中国のサプライチェーン(供給網)が新型コロナウイルス感染症(COVID19)の流行による打撃を受け、主要ハードウエアメーカーに生産上の問題を引き起こした。

  調査会社ガートナーの13日の発表資料によると、ノート型PCとデスクトップ型PC、ワークステーションの1-3月期の出荷は5160万台で、前年同期に比べ12%減少した。IDCの調査結果は9.8%減だった。

  ガートナーの北川美佳子氏は発表資料で「1月下旬に中国で最初に講じられたロックダウン(都市封鎖)措置を受け、2月にはPC生産が減少し、物流面の課題になった」と指摘した。

  IDCとガートナーによれば、メーカー別市場シェアは、中国に本拠を置くレノボ・グループ(聯想集団)が約24%で業界首位を維持。HPは約22%で引き続き2位、デル・テクノロジーズは3位だった。

原題:
Global PC Shipments Slide Amid Pandemic Supply Problems(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE