コンテンツにスキップする

アップル、新型iPhoneでiPadに似たデザインへの刷新計画-関係者

更新日時
  • 上位モデルはシャープな印象に、最大4機種が5G対応
  • 小型ホーム・ポッド、鍵・財布など所在確認するタグの開発も進行中
relates to アップル、新型iPhoneでiPadに似たデザインへの刷新計画-関係者

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

relates to アップル、新型iPhoneでiPadに似たデザインへの刷新計画-関係者

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

アップルが「iPhone(アイフォーン)」上位機種のデザイン刷新を準備している。計画に詳しい関係者が明らかにしたもので、タブレット「iPad(アイパッド)」の最新機種のデザインを参考にする。毎年9月前後の新製品発売の一環という。

  今秋は新型アイフォーン最大4機種を第5世代(5G)移動通信規格対応とする予定で、「アイフォーン11」シリーズ「Pro(プロ)」と「Pro Max(プロ・マックス)」の後継機種のほか、普及価格帯2機種を投入して新型モデルに置き換える計画。少なくとも上位2機種の外枠は現モデルのような曲線デザインではなく、フラットステンレススチールを用い2018年発売の「アイパッド・プロ」のようなシャープな印象となる見込みで、スクリーン自体もそうなると、関係者が非公開の計画だとして匿名を条件に語った。

  アップルはまた、スピーカー「ホームポッド」の小型・廉価版を開発中で、年内にも発表予定のほか、利用者が鍵や財布などの所在を確認するための「Tag(タグ)」の開発も進めている。試作品を目にした関係者が明かした。  

  新型コロナウイルスの感染拡大による混乱で、新型アイフォーンの少なくとも一部は発売が通常より数週間遅れる可能性はあるものの、秋季を過ぎることはなさそうだと計画に詳しい関係者は話した。他の関係者によると、アップルはサプライヤーに大幅な遅れを通知しておらず、同社エンジニアが中国に出張し5月に商品デザインを最終決定する見込み。

  アップルの広報担当者はコメントを控えた。

原題:
Apple Plans IPad-Like Design for Next IPhone, Smaller HomePod(抜粋)

(第3段落以降に他製品の開発や詳細について情報を加え更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE