, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

米ジャンク債、1998年以来最大の値上がり-FRBが買い手に

更新日時
  • スプレッドは先月、ディストレスト債のレベルに拡大していた
  • 新型コロナで多額の社債が今後ジャンク級に格下げされる見通し
The people’s bank?
The people’s bank? Photographer: Bloomberg/Bloomberg
The people’s bank?
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

米国のジャンク債価格が1998年以来最大の上昇を記録した。米連邦準備制度理事会(FRB)が投機的格付けの一部社債の購入に踏み切ったことが追い風となった。

  ブルームバーグ・バークレイズUSコーポレート・ハイイールド指数によれば、ジャンク債の米国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は9日、86ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小し785bpと、3月13日以来の小ささとなった。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けて経済活動の大部分が停止される中、ジャンク債のスプレッドは先月、ディストレスト債のレベルに拡大。3月23日には1100bpと、世界金融危機以来の大きさに達していた。

FRBがジャンク債購入へ、最大250兆円追加供給-中小企業支援

Junk spreads rally most since 1998 after Fed shock

        FRBは信用フローを支えるため、社債購入プログラムを拡充。3月22日時点で投資適格級だったがその後に格下げされた「BB-」以上の社債を対象に含める。

        新型コロナ感染拡大でキャッシュフロー(現金収支)に打撃を被った企業の多額の社債が今後数カ月にジャンク級に格下げになると見込まれる中で、FRBはこうした債券も基本的にバランスシートに受け入れる。

      原題:U.S. Junk Bonds Rally Most in Two Decades With Fed Now a Buyer(抜粋)

      (FRBのジャンク債購入プログラムの詳細を追加して更新します)
        最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE