, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

喫煙者は新型コロナに感染しやすい、肺細胞侵入を酵素が助ける-調査

Vaping May Help Tens of Thousands Quit Smoking, U.K. Study Shows
Photographer: Hollie Adams/Bloomberg

喫煙は新型コロナウイルスの感染リスクを高める恐れがあると、新たな調査結果が示した。喫煙で多量に発生した酵素が、ウイルスの肺細胞侵入を助けてしまうという。

  欧州呼吸器学会が発行する専門誌に9日掲載された調査結果によると、喫煙者や慢性的な閉塞(へいそく)性肺疾患を抱える患者は、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)と呼ばれる体内の酵素が高水準に上っている可能性がある。これが肺細胞へのウイルスの侵入を後押しし、肺細胞でウイルスは増幅する。

  この調査はバンクーバーのセント・ポールズ病院の呼吸器専門医ジャニス・レオン氏らが中国のデータを基に観察研究したもので、他の専門家による審査も通過した。中国で新型コロナによる死亡率は女性より男性の方が高いが、世界保健機関(WHO)によると、中国の男性のほぼ半数は喫煙者。対照的に、女性の喫煙者は2%程度でしかない。

  「新型コロナから自分の身を守るため、喫煙をやめるには最高の機会だろう」とレオン氏は語った。

原題:
Smoking Helps Open Gateway to Coronavirus Infection, Study Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE