, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

日産が栃木工場で従業員の一時帰休検討-マツダも国内で休業実施

  • 日産自動車九州でも一時帰休と報道、マツダは約90%の休業手当支給
  • 栃木工場ではスカイラインやインフィニティなど高級車中心に生産

日産自動車は8日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、栃木工場で従業員を一時帰休とする方向で検討していることを明らかにした。

  同社の広報担当の百瀬梓氏が明らかにした。共同通信は栃木工場の従業員数千人のほか、日産自動車九州の約4000人を一時帰休とする方向で同社が労働組合と調整していると先に報じていた。百瀬氏は栃木工場で一時帰休の対象となる人数や日産自動車九州についてはコメントを控えた。

  栃木工場ではスカイラインやインフィニティなどの高級車を中心に生産している。

国内自動車メーカーの主な停止工場一覧、新型コロナ影響 (表)

  マツダは同日、先月24日に発表した国内工場の休止に伴い、生産業務に直接従事する従業員は操業休止日は全員休業となると明らかにした。同社広報担当の太刀掛史絵氏によると、休業期間中は期間社員を含めた従業員には通常勤務の約90%相当の休業手当が支給される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE