, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

民泊仲介のエアビー、追加資金調達で投資家と協議-関係者

  • 6日には投資会社2社から株式と債券を通じ10億ドル調達したと発表
  • 債券発行などでさらに5億-10億ドル調達目指す

民泊仲介の米エアビーアンドビーはさらなる債券発行などで最大10億ドル(約1090億円)を追加調達するため投資家と協議を進めている。事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。

  6日には、投資会社のシルバーレイクとシックスス・ストリート・パートナーズから株式と債券を通じて10億ドルを調達したと発表していた。情報の非公開を理由に匿名で語った関係者によると、担保権が第一順位の債券や転換社債の発行または株式売却でさらに5億ー10億ドルを調達することについて協議を行った。

  エアビーはシルバーレイクとシックスス・ストリートとの取引条件については開示していないが、関係者によると、第二順位担保権付き債券と同社株式の約1%に相当するワラントで構成され、金利は11-12%。

  関係者1人によれば、同ワラントに基づいたエアビーの評価額は180億ドルで、以前の310億ドルを下回る。

​原題:
Airbnb in Talks to Raise More Debt Amid Global Crisis (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE