コンテンツにスキップする
Subscriber Only

OPECプラス9日開催、10日G20も-1000万バレル減産の公算と代表団

石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」加盟国は、新型コロナウイルスの感染拡大危機に対応し減産を協議するため、テレビ会議による緊急会合への招待を受けた。加盟国代表が明らかにした。

  緊急会合はウィーン時間9日午後4時(日本時間同11時)から開く。OPECプラスの会合に続き、20カ国・地域(G20)エネルギー相が生産合意へのより幅広い貢献について翌日協議する可能性が高い。

  G20議長国のサウジアラビアは、10日のエネルギー相会合開催を正式に発表していないが、外交関係者は間もなく招待が行われるとみている。

  OPECプラス加盟国代表らによれば、減産規模は合計で日量1000万バレル前後になる可能性がある。  

    原題:OPEC+ Meeting to Start 4 P.M. Vienna Time April 9: Delegates(抜粋)

        最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE