コンテンツにスキップする

ロシアとサウジは減産で合意近い-CNBCがドミトリエフ氏引用

更新日時

ロシア直接投資基金(RDIF)のキリル・ドミトリエフ最高経営者(CEO)はCNBCとのインタビューで、同国とサウジアラビアが原油減産で合意に「極めて近づいている」と語った

  ドミトリエフ氏は、生産合意とそれがもたらす安定性が重要である点を世界の石油市場は理解していると指摘した上で、ロシアとサウジ、米国および他の国々は市場安定化に取り組む必要があると話した。

  原油先物はロシアとサウジが減産合意で前進しつつある兆候を受け、下げを削っている。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物はロンドン時間6日午前7時38分(日本時間同午後3時38分)現在、1.4%安の1バレル=27.94ドル。この日は一時、25.28ドルまで下げていた。ロンドンICEの北海ブレント6月限は0.7%安の33.87ドル。

参考記事
サウジとロシア、原油の世界的取り決めに向け早急な交渉実施探る

原題:Russians, Saudis Close to Oil-Output Deal, CNBC Cites RDIF CEO、Oil Pares Losses as Investors Weigh Chance of Price-War Truce(抜粋)

    (最終段落に下げを削った原油先物相場を追加し更新します)
      最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE