コンテンツにスキップする
Subscriber Only

小池都知事:銀行、証取などは引き続き営業を-緊急事態宣言でも

更新日時
  • 緊急事態宣言、来週の決断促す-経済対策とセットなら大きな力に
  • 特措法に基づき、外出自粛や施設の使用制限・停止など要請方針

東京都の小池百合子知事は3日午後の記者会見で、新型コロナウイルスのまん延で政府が仮に緊急事態宣言を発令した場合の都の対応措置の概要案を公表した。食料品や医薬品など生活必需品の販売や、銀行や証券取引所をはじめとする金融サービスなどについては「必要な衛生管理などを確保の上で引き続き営業していただく」と述べた。

  概要案の公表は都民や事業者が事前準備できるようにするのが目的。小池知事は特措法に基づいて緊急事態宣言が発令された場合は、外出自粛、施設の使用制限・停止などを要請する方針を明らかにした。個別の要請内容は国の方針を受けて決定するという。

Key Speakers At The Bloomberg The Year Ahead

小池百合子都知事

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  2日に最多の97人が発表されるなど感染者数が急増している現状については「感染爆発重大局面はより深刻になっている」との認識を示した。

  政府の緊急事態宣言については「国が乗り出していただくというのは一つ大きなメッセージになる」として、政府が来週取りまとめる経済対策と「セットでお出しになるとそれは非常に東京都にとって大きな力になる」と述べ、安倍晋三首相に決断を促した。

小池知事のその他の発言
  • 3日から毎日午後6時40分ごろから、ユーチューブなど活用して感染者数などの情報を自らが出演して動画で提供
  • 4月15日めどに都独自の緊急経済対策公表できるよう指示
  • 軽症者が一時滞在する宿泊施設、来週中にも運用開始-ホテルを1棟丸ごと借り上げ
  • 現時点で750床を確保
  • 今週末は引き続き外出自粛を

  

(小池都知事の発言詳細を追加し、更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE