コンテンツにスキップする
Subscriber Only

中国の無症状感染、割合の高さがあらためて浮き彫り-78%症状示さず

  • 166件の新型コロナ新規感染例のうち、78%に当たる130件で症状なし
  • 無症状感染者は考えられていたよりも多いのではないかとの懸念も

中国で今週行われた新型コロナウイルス検査で、24時間で陽性が確認された感染者のうち78%が明確な症状を示さなかった。医学誌BMJが報告した。

  BMJが中国国家衛生健康委員会の発表を引用して2日公表したリポートによると、確認された166件の新規感染例のうち、78%に当たる130件で症状がなかった。症状が見られた36件の大半は国外渡航に関連していた。

  同リポートは陽性だった感染者のうち何人がその後発症したかには言及しなかった。新型コロナウイルス感染症の潜伏期間は5日間程度。シンガポールの研究者らは1日の報告書で、いわゆる発症前感染の可能性が防疫にとって課題になると指摘した。

  アイスランドや韓国などでも幅広い検査の結果、明確な症状がない感染者の割合の高さが認められており、無症状感染者の数がこれまで考えられていたよりも多いのではないかとの懸念が広がっている。

原題:Fresh Coronavirus Testing in China Finds More Symptomless Cases(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE