, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米英中韓など49カ国・地域への渡航中止を勧告-新型コロナで外務省

  • 世界的に感染拡大加速、海外で感染し国内に移入した感染者増加
  • 渡航中止勧告対象地域からの外国人入国拒否も近く表明へ-報道

外務省は31日、感染症危険情報を発表し、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国、英国、中国、韓国、台湾など49カ国・地域の全土に対する感染症危険情報をレベル3に引き上げ、渡航中止を勧告した。

  レベル3を除く全世界に対しても注意を促すレベル1から、不要不急の渡航自粛を求めるレベル2に引き上げた。中韓の一部地域などに対しては、既にレベル3を適用していた。

  外務省はレベルを引き上げた背景として、世界的に感染拡大のスピードが加速していることや海外で感染した後に国内に移入したと疑われる感染者が連日10人を超えて確認されていることなどを挙げている。

  共同通信によると、政府は近く対策本部の会合を開き、レベル3とし た国・地域からの外国人の入国を拒否する措置を表明する。    

  入国拒否措置は中韓の一部地域、イタリア、スペイン、フランスなど欧州の大半の国やイランにはすでに発動している。入国申請日より14日以内に対象地域に滞在歴がある人が対象。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE