, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

抗マラリア薬緊急使用、米当局が認める-コロナ治療でトランプ氏期待

  • ノバルティスの部門からヒドロキシクロロキン3000万回分受け入れ
  • 効果が立証されていない医薬品使用にWHO事務局長は警鐘

米食品医薬品局(FDA)は無償提供された抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンについて緊急使用許可(EUA)を出した。新型コロナウイルスとの闘いで状況を一変させる「ゲームチェンジャー」になる可能性があるとしてトランプ米大統領が後押ししている薬だが、そのリスクを示唆するデータも相次いでいる。

  アザー米厚生長官は29日遅く、厚生省がノバルティスのジェネリック(後発薬)部門サンドから提供されたヒドロキシクロロキン3000万回分を受け入れたと明らかにした。

  ヒドロキシクロロキンを巡っては新型コロナ患者対象の小規模な臨床試験で有望だが決定的ではないデータが出ている。トランプ大統領は同薬が安全だと主張しているが、深刻な副作用もある。新型コロナ患者でさまざまな種類の抗マラリア薬を投与された後に症状が悪化した例もあり、米国やフランスでは死亡も報告されている。

  トランプ大統領は同日の会見で、ニューヨーク市で1100人の患者がヒドロキシクロロキンの投与を受けていると説明。「有効かどうか見てみよう。有効かもしれないし、そうでないかもしれない」と語った。

  一方、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は効果が立証されていない医薬品を新型コロナ向けに使用することに警鐘を鳴らしている。先週の会見では「医薬の歴史を見れば、理論上または試験管で効果が示されてもヒトには有効でなく、むしろ有害となる例もある。エビデンスに従う必要がある。近道はない」と強調した。

原題:
U.S. Allows Emergency Use of Drug Trump Backed Against Virus (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE