, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

台湾の鴻海、昨年10-12月は24%減益-スマホ需要鈍化や米中摩擦で

  • 10-12月の純利益は478億台湾ドル-前年同期下回る
  • 新型コロナ感染拡大受け、既に20年の売上高見通しを下方修正

台湾の鴻海精密工業は2019年10-12月(第4四半期)に24%減益となった。新型コロナウイルスの感染が拡大する前の同四半期に、スマートフォン需要鈍化や米中摩擦で売り上げが押し下げられた。

  米アップルの最も重要な製造パートナーである鴻海の10-12月の純利益は478億台湾ドル(約1700億円)。同社が証券取引所に提出した情報に基づきブルームバーグ・ニュースが算定した。前年同期の622億台湾ドルを下回った。

  新型コロナ感染拡大を受け、同社は既に20年の売上高見通しを引き下げている。

原題:
IPhone Maker Hon Hai’s Profit Slides Ahead of Virus Outbreak (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE