コンテンツにスキップする

【新型コロナ】世界で80万人感染、スペインの新たな死者数が最多

更新日時
  • イタリア、感染者増が2週間ぶり低水準で横ばい-拡大停滞との見方
  • 米NY州は新たに9300人が感染、18歳以下で初の死亡例

新型コロナウイルスによる新たな死者数は、スペインでこれまでの最多を記録した一方、イタリアでは2週間ぶりの低水準で横ばいとなった。感染者が世界最多の米国では、ニューヨーク市が18歳以下で初の死亡を報告し、連邦政府から救急車250台が送られると明らかにした。

  イタリア国家市民保護局は31日にローマで開いた定例記者会見で、過去24時間に感染者数が4053人増加したと発表した。前日の増加数は4050人で、3月17日以来の少なさだった。最も深刻なロンバルディア州の増加は1047人で、2週間余りで最少だった。

  イタリア国立衛生研究所(ISS)のシルビオ・ブルサフェッロ所長は、同国の「感染段階は停滞期に入った」と別の記者会見で述べた。

  米国の感染拡大の中心地となっているニューヨーク州は31日、感染者数が9300人増加して7万6000人になったと報告した。

  スペイン厚生省は、死者が849人増えて累計8189人に達したと発表。パンデミック(世界的な大流行)の発生地である中国を上回った。新たな感染者数もこれまでで最も多い9222人で、累計9万4417人となった。

  この発表前には世界保健機関(WHO)が欧州について、感染拡大は間もなく落ち着き始めるとの見通しを示していた。WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は30日、イタリアとスペインの感染拡大がピークに近づきつつあることを「切に願っている」と述べ、感染者を見いだし隔離する取り組みを強化するよう各国政府に呼び掛けた。

  スタンパなどのイタリア紙が31日報じたところによると、コンテ政権はロックダウンを5月3日まで延長し、その翌日から段階的に解除する可能性がある。

2020-coronavirus-cases-world-map-inline

  30日のワシントンでは、ホワイトハウスと議会民主党が景気対策第4弾の準備を進めた。ただ先週成立した景気対策法を巡る両者の議論はなお続いている。トランプ大統領はホワイトハウスでの記者会見で、全米での外出禁止を発令する可能性は「極めて低い」と発言。また、欧州や中国などに対して講じている渡航制限について、対象国を拡大する可能性があると語った。バージニア、メリーランド両州と首都ワシントンはこの日、外出制限を発令した。

  ブルームバーグ・ニュースの集計データによると、世界の新型コロナ感染者は80万人、死者は3万8700人に上った。 

   中国は2020年の全国的な大学入試「高考」を1カ月延期し、7月7、8両日に実施する。中国中央テレビ(CCTV)が伝えた。韓国は学校再開を再び遅らせた。その代わりにオンラインで授業を行い、新学年を段階的に始める。

新型コロナ関連記事

  

原題:Italy Cases Level; Fauci Sees Distancing Progress: Virus Update(抜粋)

Spain Suffers Deadliest Day as Europe Girds for Longer Lockdowns(抜粋)

Italy’s New Coronavirus Cases Level Off at Two-Week Low (1)(抜粋)

(イタリアと米NYの情報を加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE