コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ドイツ、新型コロナ支援要請の企業に配当支払い停止を要求へ-関係者

新型コロナウイルスによる危機の影響緩和のためドイツ政府が用意する支援を受けるには、同国企業は配当の支払いを停止する必要がある。政府の政策に詳しい関係者2人が明らかにした。

  関係者によると、企業が政府の支援プログラム利用やドイツ復興金融公庫(KfW)からの借り入れを希望する場合はケース・バイ・ケースの決定になるが、全般的なルールとして配当金の支払いはやめる必要がある。関係者は政策がまだ公表されていないとして匿名を条件に語った。KfWはコメントに応じなかった。

  メルケル政権は27日、総額7500億ユーロ(約89兆4500億円)余りの新型コロナ対策景気支援パッケージで議会の最終承認を確保した。これに加えてKfWは、需要消失に苦しむ企業の資金繰りを助けるため、5000億ユーロの資金を用意している。

  企業の配当支払いを巡っては、フランスも停止を要求。ドイツのアルトマイヤー経済相は週末にフランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)とのインタビューで、政府支援を要請する企業には幹部の報酬・賞与の削減も求める意向を示した。

原題:
Germany Asks Companies to Suspend Dividends for Coronavirus Aid(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE