, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

デジタルバンクのキャッシュが4500万ドルを調達-コロナ拡大の中

更新日時

スマートフォンアプリで送金や決済サービスを提供するスタートアップ、Kyash(キャッシュ、東京都港区)は、新型コロナウイルスの感染拡大がベンチャーキャピタルからの資金調達を妨げる恐れがある中、4500万ドル(約50億円)を調達した。

  キャッシュの鷹取真一最高経営責任者(CEO)はインタビューで、シリーズCとしてグリーンスプリングアソシエイツグッドウォーターキャピタルを中心とした出資者から資金を調達したと説明。調達総額は7300万ドルに達したと語った。

relates to デジタルバンクのキャッシュが4500万ドルを調達-コロナ拡大の中

キャッシュの鷹取真一CEO

  ジャフコやみずほフィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループからも出資を受けており、調達資金で事業を拡大する。 

  キャッシュは米クレジットカード会社ビザのシステムと直接連動するプラットフォームで、個人向けカード発行や企業向けの独自サービスを提供する。鷹取CEOは、投資家から日本で業界の挑戦者になれるとの信頼を得ることができたなどと語った。

(鷹取CEOのコメントを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE