, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

BCGワクチン、豪州で治験-新型コロナへの有効性を検証

  • メルボルンの医療従事者を対象とするワクチン投与を30日開始
  • 約100年前から幅広く使用-結核以外の効能に対する評価高まる

結核を予防するBCGワクチンが新型コロナウイルスに有効かどうかを調べるため豪メルボルンの一部の医療従事者に投与される。

  BCGワクチンは約100年前から幅広く使用されており、結核以外の効能に対する評価が高まっている。初期のぼうこうがん患者が受ける通常の免疫療法としての効果のほか、さまざまな感染症に対して免疫力を高める効果があるとみられる。

  世界保健機関(WHO)はBCGワクチンで新型コロナの感染を減らすことが可能かどうか検証することは重要だとし、マードック・チルドレンズ研究所(メルボルン)の感染症調査責任者を務めるメルボルン大学ナイジェル・カーティス教授が主導する治験との協力を国際的なグループに奨励している。

  臨床試験は豪州で医療従事者4000人を対象に半年間実施する。参加を申し出た医療スタッフは30日から順次、季節性インフルエンザと結核両方またはインフルエンザのみのワクチンを無作為に投与される。

原題:
Century-Old Vaccine Investigated as a Weapon Against Coronavirus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE