, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

アマゾン、NY配送施設の従業員がスト入りへ-新型コロナ懸念で

  • 最低2週間の施設閉鎖と消毒、休業中の賃金補償を要求
  • アマゾンは感染者数を明確にせず、予防策も不十分とスト指導者

アマゾン・ドット・コムのニューヨーク・スタテン島にある配送センターの従業員約100人は東部時間30日正午(日本時間31日午前1時)にストライキに突入する予定だ。経営陣が同施設での新型コロナウイルスの感染拡大や安全面の懸念に対応していないと主張している。

  従業員は同施設の最低2週間の閉鎖と消毒を要求。また、休業期間の従業員への賃金支給に加え、健康・安全上の懸念から既に自宅待機している従業員にも遡及的に補償するよう求めている。アマゾンはNY・クイーンズにある物流拠点の従業員1人が新型コロナに感染したことを受け、消毒作業のために同拠点を一時閉鎖した。

  JFK8として知られる同施設の運営補佐を務め、スト指導者でもあるクリス・スモールズ氏によれば、アマゾンのマネジャーたちが米国内で当初の感染拡大の震源地だったワシントン州シアトルへの出張から戻った後、複数の従業員が体調を崩した。

  アマゾンはスタテン島の施設で新型コロナ検査に陽性反応を示した従業員が何人いたかを明確にしていないばかりか、検査結果が出る前に従業員1人を作業に復帰させるなど、十分な予防策を講じていないとスモールズ氏は述べている。

  今回のストの計画について、米経済専門局CNBCが先に報じていた。アマゾンに電子メールでコメントを求めたが、今のところ返答はない。

原題:
Amazon Workers to Strike at New York Site Over Virus Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE