コンテンツにスキップする
Subscriber Only

イタリアとスペインのコロナ死者、計1万7300人超え-中国の5倍余り

  • スペインは838人の死亡発表、1日としては最多-イタリア死者756人
  • 課題はICUが限界に達しないようにすること-スペイン保健省

イタリアとスペインで新型コロナウイルス感染による死者は合わせて1万7300人を超えた。欧州諸国は人々の移動制限強化や医療崩壊の回避に全力を挙げている。

  死者数が世界で最も多いイタリアは29日、新たに756人の死亡を発表した。スペイン保健省が発表した死者は838人で、1日としては過去最多だった。両国を合わせた死者数は感染拡大が最初に始まった中国の5倍余りに達している。

TOPSHOT-ITALY-HEALTH-VIRUS

イタリア北西部ベルドゥーノで57床のベッド備えた新病院を準備する看護師

写真家:MARCO BERTORELLO / AFP via Getty Images

  スペインでは集中治療が必要な患者が約4400床の同国の病床供給能力を超え、医療従事者は優先する患者の選別を迫られている。保健省のシモン報道官はマドリードでの会見で「発生が安定してきているとみられ、収束に向かい始めているとも考えられるが、現在の根本的な課題は集中治療室(ICU)が限界に達した状態にならないようにすることだ」と述べた。

  イタリアの死者数は1万779人で、感染者数は10万人に近づいている。スペインの死者は6528人に達した。ただわずかながら希望の光も見える。スペインは4日連続で死者数の増加ペースが鈍化。イタリアでも29日に報告された死者数は2日連続の減少となり、両国とも新たな感染者が徐々に減っていることを示すような兆しがある。

  フランスではこれまでに新型コロナで2600人余りが死亡。同国は隔離措置がうまくいっているかどうかについて、集中治療が必要な患者数から判断している。

参考記事
【新型コロナ】米国民向けの指針延長-ジェフリーズ幹部死去
2020-coronavirus-cases-world-map-cases-since-inline

原題:
Hospitals Swamped as Italy-Spain Virus Deaths Surpass 17,000 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE