, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

FRB、米国債購入額1日当たり600億ドルに縮小へ-来月2、3両日

米連邦準備制度理事会(FRB)は27日、債券を無制限で購入する制度に基づく米国債の購入ペースを落とす方針を明らかにした。

  新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済・市場面の影響に対応するためFRBはこの2週間、米国債を積極的に購入してきたが、4月2日と3日は1日当たりの購入額を600億ドル(約6兆4800億円)に縮小する。3月30、31、4月1日の3日間は1日当たり750億ドルの購入を続ける。

  このペースでいくと、FRBによる米国債購入額は来週末までに約1兆ドルに達する見通し。

参考記事
FRB、経済支援策の第2弾発表-国債とMBSを必要なだけ購入

原題:
Fed Set to Dial Back Pace of QE Treasury Buying Next Thursday(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE