コンテンツにスキップする
Subscriber Only

トランプ氏態度急変、GM非難-人工呼吸器の生産目前に罵声浴びせる

  • GMは動きがあまりに遅く、料金も高い-バーラCEOやり玉に
  • GMとベンテックは不眠不休で作業、生産準備ほぼ整えた矢先

ゼネラル・モーターズ(GM)とベンテック・ライフ・システムズは、新型コロナウイルス感染者の命と回復を助ける人工呼吸器の生産拡大に向けて準備をほぼ完了し、あとはトランプ政権からの注文を待つだけだった。

  そこに浴びせられたのはトランプ大統領の罵声だった。大統領はGMの動きがあまりにも鈍いうえ料金も高すぎると非難し、特にメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)をやり玉に挙げた。

  このツイートは、トランプ氏の姿勢が180度転換したことを明確にした。前夜にはFOXニュースに対し、国防生産法を発動して製造業者に人工呼吸器の生産を強制する考えはないと述べ、GMなどの企業が既に行動を起こしているからだとしていた。

  この日のツイートでは一転して、GMにもはや保有していないオハイオ州の工場を再開し、そこで人工呼吸器の生産を直ちに始めるよう要求した。

  GMとベンテックはこの1週間以上、インディアナ州ココモの自動車部品工場を人工呼吸器生産施設に作り替えるべく、不眠不休で取り組んできただけに、トランプ政権へのいら立ちは募る。両社は人工呼吸器生産に必要な700の部品を調達するため、すでにサプライヤーも確保。事情に詳しい関係者によると、既存の300人の従業員では見込まれる生産量に対応しきれないため、GMは新規採用も始めていた。

原題:
GM’s Ventilator Effort Goes Haywire With Trump Turning on Barra(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE