コンテンツにスキップする
Subscriber Only

カナダ中銀が再び緊急利下げ、金利は過去最低-初の大型資産購入へ

カナダ銀行(中央銀行)は27日、同行初の大規模な資産購入プログラムを発表し、政策金利を過去最低まで引き下げた。金融市場にかかる負荷を和らげ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う影響から経済を守るための措置。

  カナダ中銀は再度の緊急利下げで、政策金利を0.5ポイント引き下げ0.25%とした。中銀はまた週間で少なくとも50億カナダ・ドル(約3800億円)相当の国債および企業の短期債を購入する計画も発表した。

  ポロズ総裁は記者会見で、金融システムの適切な機能を回復することが第一の目的だと述べた。金融システムに著しい負荷がかかっており、特にコマーシャル・ペーパー(CP)市場は「凍り付いている」と述べた。

  総裁は会見の冒頭で、「今回の決定が意図することは2つある。信用供給を継続できるよう金融システムを直ちに支援することと、長期的に経済が正常な状態に戻れるよう基礎を築くことだ」と説明した。

原題:Bank of Canada Begins First-Ever Large Scale Asset Purchases (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE