コンテンツにスキップする

孫正義氏、保有するソフトバンク株の40%相当を融資の担保に

ソフトバンクグループの孫正義社長は過去2週間に、融資の担保として同社株式1010万株を追加で差し入れた。27日の規制当局への届け出で明らかになった。

  これで担保となっているソフトバンクG株は合計2億2700万株、約80億ドル(約8700億円)相当となる。これは孫氏が保有する同社株の約40%に相当する。同氏はソフトバンクG株の約27%を保有している。今回差し入れた株式の価値は、27日の終値に基づくと約3億6000万ドル相当になる。ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、孫氏の資産は120億ドル。担保となっている株式の価値はこれに含まれない。同氏の資産価値は今年、36億ドル減少している。

  ソフトバンクG広報担当の抜井武暁氏はコメントを控えた。

  孫氏の取引銀行はUBSグループや野村ホールディングスなど。

原題:Son Has Now Pledged 40% of His Stake in SoftBank to Lenders (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE