コンテンツにスキップする

ベトナムの1-3月GDPは3.82%増-新型コロナの影響で減速

ベトナム経済は1-3月(第1四半期)に成長が減速した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い観光や製造業といった主要産業に打撃が出ている。

  ベトナム統計総局が27日発表した国内総生産(GDP)成長率は前年同期比3.82%と、昨年10-12月(第4四半期)の6.97%を下回り、ブルームバーグのデータによると少なくとも2013年以降で最も低い伸びとなった。ブルームバーグがエコノミスト4人を対象にまとめた予想中央値は5.1%だった。

  同国政府は今年6.8%成長を目指しているが、新型コロナの影響が4-6月(第2四半期)も続けば6%を下回る可能性もあると警告している。

原題:Vietnam’s GDP Growth Slows in First Quarter as Virus Hits (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE