コンテンツにスキップする

中国、1-2月の工業利益が38.3%減-記録上最大の前年割れ

  • 新型コロナ感染拡大による衝撃が工業利益急減を招く
  • 事業再開が加速し、感染拡大の短期的な衝撃は徐々に和らぐ-統計局

中国の工業利益は1-2月に記録上最大の前年割れとなった。新型コロナウイルス感染拡大で工業企業の活動が損なわれた。

  国家統計局が27日発表した1-2月の工業利益は前年同期比38.3%減の4107億元(約6兆2900億円)。国有企業と民間企業、外資系企業の利益がいずれも30%を超える落ち込みとなった。

Coronavirus worsened the losses at Chinese industrial firms

  新型コロナの感染拡大で生じた激しい衝撃が工業利益急減の原因だと国家統計局工業局の張衛華副局長が声明で指摘した。

  生産と販売がいずれも減少し、コスト上昇と工業製品価格の下落が利益を圧迫したとも説明。その上で「事業再開が加速しており、感染拡大の短期的な衝撃は徐々に和らぎ、利益は実質的に改善していく」とコメントした。

原題:Chinese Industrial Firms See Profits Slump on Virus Impact (1)、China’s Jan.-Feb. Industrial Companies’ Profit Falls 38.3% Y/y(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE