コンテンツにスキップする

ゲームストップ株、時間外で急伸-コスト削減努力に奏功の兆し

ビデオゲーム小売りチェーン、米ゲームストップの株価が26日の時間外取引で一時25%高となった。この日発表した2019年11月-20年1月(第4四半期)の利益はアナリスト予想を大きく上回り、コスト削減と不振のチェーン網の整理を進める努力が実を結びつつあることが示唆された。

  ゲームストップの発表によると、11-1月の1株利益は一部項目を除いたベースで1.27ドル。アナリスト予想レンジは上限が0.95ドルだった。ただ、既存店売上高は26%減と、アナリスト予想より若干大きな落ち込みとなった。

  新型コロナウイルス感染症(COVID19)のパンデミック(世界的大流行)とその影響にどう対処していくかが問題となるが、同社は他の多くの小売業者同様に店舗を一時閉鎖。ただ、オンラインを通じた顧客サービスは継続できており、ジョージ・シャーマン最高経営責任者(CEO)はこの日、パンデミックを受けてここ数週間は需要が高まっていると説明した。

  同社株は時間外取引で一時5.50ドルに上昇。この日の通常取引終了時点では、年初から27%下落していた。

原題:GameStop Rallies After Cost-Cutting Progress Renews Optimism(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE