コンテンツにスキップする

米大統領、失業保険申請は一段と急増していた-入国規制なければ

トランプ米大統領は26日、ホワイトハウスでの記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に1月に中国からの入国規制を実施していなければ、新規失業保険申請件数はさらに増加していただろうと述べた。米労働省が同日発表した先週の同件数は、過去最多の328万件に急増した。

  同大統領は同件数の急増について「誰の責任でもない。米国内の誰のせいでもないのは確かだ」と語った。

原題:
Trump Says Unemployment Would Be Worse Without China Restriction(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE