コンテンツにスキップする

【欧州市況】株続伸、3営業日としては最大の上げ-ユーロ圏債上昇

26日の欧州金融市場で株式が3日続伸。3営業日の上げとしては最大だった。各国政府や中央銀行が打ち出した対応策が新型コロナウイルスがもたらす経済的なダメージを抑制するとの楽観が広がった。

  ストックス欧州600指数は2.6%高。一時の下げを埋め、3日間の上昇率は15%となった。旅行・レジャー関連株を中心に値上がりした。

European stocks are rising for a third day on stimulus optimism

  トレア・アセット・マネジメントの資産アロケーション責任者、リカルド・ギル氏は、「投資家は市場に戻る手持ち資金はあるものの、これまで発表されたあらゆる対策の詳細を分析する必要があり、消化すべき材料が多い」と指摘。「4月は3月よりも上向くと期待するが、市場の安定化にはまだ程遠い」と述べた。

  欧州債市場では周辺国のユーロ圏国債を中心に域内の国債が上昇。欧州中央銀行(ECB)の緊急プログラムによる債券購入がこの日開始されたことが手掛かりとなった。

  イタリア債のイールドカーブはブルスティープ化。10年債利回りは30ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)余り低下した。

  ドイツ債はブルフラット化。中核国債のパフォーマンスは準中核国債を下回った。

  英国債は10年債を中心に上昇。イングランド銀行(英中央銀行)は過去最低の0.1%となった政策金利について、今回は据え置くと決定。英中銀は2度の緊急利下げで65bp引き下げ、量的緩和(QE)の規模を2000億ポンド増額している。

  ドイツ10年債利回りは11bp下げてマイナス0.37%、フランス10年債は20bp下げて0.01%、イタリア10年債利回りは33bp下げて1.22%。

原題:Peripheral European Bonds Rally on ECB Buying: End-of-Day Curves(抜粋)

European Shares Cap Best 3-Day Gain Ever on Stimulus Optimism(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE