コンテンツにスキップする

中国、外国人の入国を28日から停止へ-新型コロナ対応で

更新日時
  • 「必要かつ一時的な」措置と中国外務省-外交官らは対象外
  • 世界で感染者が急増している状況受け、中国は姿勢を転換

中国は28日から、有効な査証(ビザ)や就労許可証を持っている人を含め大半の外国人の入国を一時禁止する。中国外務省が26日遅く、ウェブサイトで発表した。国内での感染拡大のペースを政府取り組みが鈍化させた現段階で、新型コロナウイルスの新たな感染者の大半が海外からの入国者であることを反映した決定だ。

  外務省は今回の入国制限について「必要かつ一時的な」措置だと説明。外交官のほか、「経済、貿易、科学、技術分野の必要な活動に携わる目的」や差し迫った人道上のニーズのために訪中する人は対象に含まれないとしている。

  今回の措置は他の多くの国・地域が講じた往来制限と似ている。中国は国内の感染者数が世界全体の感染者の大半を占めていた時期にはこうした措置を批判していたが、ウイルスが国内で制御され、イタリアやスペイン、米国など世界で感染者が急増している状況を受け、姿勢を転換した。

原題:China Seals Borders to Most Foreigners Starting Saturday (1)(抜粋)

(中国外務省の発表内容を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE