コンテンツにスキップする

株式敬遠やめるべき時とドイツ銀チャダ氏、アンダーウエートから転換

  • 活動減速を相場は織り込み済み、ポジショニングも低い-チャダ氏
  • クレディ・スイス、ブラックロックも強気スタンスへ

株式を敬遠するのをやめるべき時だ。ドイツ銀行のストラテジスト、ビンキー・チャダ氏がこのような見方を示した。最近の相場下落の後、多くの市場参加者が強気に転じつつある。

  チャダ氏は2019年の米S&P500種株価指数の上昇を言い当てた。20年については新型コロナウイルスの感染が広がる前から横ばいを予想していたが、25日のリポートによると、株式の配分を「ニュートラル」と、「アンダーウエート」から引き上げた。

  相場のピークから底までの下落が過去のパターンと一致しつつあることや、持ち高が記録的低水準にあることを主な理由に挙げた。23日終値までで、S&P500種は2月に付けた最高値から34%下落していた。

  「株式は割高で、あまりにも強い成長回復を織り込み過ぎているという見方から、配分をアンダーウエートにしディフェンシブなポジションを取ってきた」が、「相場が既に当社の基本的予想である活動減速を織り込んだことと、低いポジショニング」を理由にニュートラルに引き上げたと説明した。

relates to 株式敬遠やめるべき時とドイツ銀チャダ氏、アンダーウエートから転換

  クレディ・スイスの投資委員会とブラックロック・インベストメント・インスティテュートも、株式についてより強気なスタンスへとかじを切っている。

Stocks are well off their record highs from mid-February

原題:
Deutsche’s Chadha, Who Called Time On Bull Run, Upgrades Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE