コンテンツにスキップする

東京で新たに47人が陽性、20人超の感染源不明-新型コロナ

更新日時
  • 小池知事は安倍首相と会談し財政支援、経済政策を要請
  • 首都圏の1都4県知事がテレビ会議、外出自粛で連携へ

東京都の小池百合子知事は26日夜、安倍晋三首相と面会し、都内で新型コロナウイルスの感染者が急増している事態を受け、財政面や経済政策などでの支援を要請した。安倍首相は「国としても東京都の努力を支援していきたい」と応じた。

  都内では同日新たに過去最多となる47人の感染者が確認され、うち20人超の感染源が分かっていない。安倍首相との面会後、小池氏は「今の局面を何としても打開し、都民が安心に暮らせる生活を早く取り戻したい」と記者団に強調。空港での検疫強化や外出自粛要請への協力を求めた。緊急事態宣言の発出など特措法の運用については、東京都と「しっかり情報を交換しながら連携してほしい」と求めた。

  小池都知事はこれに先立ち、西村康稔担当相と面談。感染者が急増していることから「東京はじめ都市部を中心として、危機的な状況が表面化している。これを放置した場合、都市封鎖(ロックダウン)まで懸念されており、今が今後を左右する重大局面だ」と語った。

virus-Japan-JAPAN-HEALTH-VIRUS-TOKYO

会見で「重大局面」と発表した小池都知事(25日)

  面談後、記者団に対し、「帰国した在留邦人や海外で観光にいらした方が戻り、感染しているというケースが増えている。水際対策は空港における検疫になる。この強化をお願い申し上げた」と説明。都が夜間の外出の自粛を要請したことによる経済への影響も大きいとして国に対策を求めたことを明らかにした。

  また、近隣県の知事に都内への移動自粛を呼び掛けており、26日には神奈川、千葉、埼玉、山梨の各県知事とテレビ会議を実施。各県知事は今週末の都内への不要不急の外出などを自粛するよう県民に要請した。

  小池都知事は25日、東京都で新たに41人の新型コロナウイルス感染が確認されたことから、「オーバーシュート、感染爆発の重大局面」と述べ、都民に今週末の不要不急の外出を控えることなどの協力を求めていた。

(詳細を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE