コンテンツにスキップする
Subscriber Only

HP、株主にゼロックスによる買収拒否求める-新型コロナで状況不透明

  • 複雑な企業統合はHPにとって「悲惨な」ものになりかねない
  • ゼロックスによるTOB開始から、状況は劇的に変わった-HP

米パソコンメーカー、HPはオフィス機器メーカーの米ゼロックス・ホールディングスによる買収提案に応じないよう株主にあらためて求めた。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が経済に影を落とす中で複雑な企業統合はHPにとって「悲惨な」ものになりかねないと警告した。

  HPは25日付の株主宛て書簡で「こうした状況を勘案し、われわれの受託者責任に照らせば、貴重な時間と注意力、資源を買収案に関するゼロックスとの協議に振り向けるべきではないと考える」と指摘。

  また「ゼロックスが株式公開買い付け(TOB)を開始し取締役候補を指名してから世界および社会、経済、金融を取り巻く状況は劇的に変わった。それにもかかわらずゼロックスは統合を強行しようとTOBや取締役選任の提案を引き続き進めている」と指摘した。

  ゼロックスは現金と株式交換を通じ1株24ドル、総額約350億ドル(約3兆8700億円)での買収を目指している。今月にはパンデミックの間は買収に向けた取り組みを休止する姿勢を示したが、状況が改善すれば再開する方針だと、ブルームバーグ・ニュースは13日に事情に詳しい関係者の話として報じた

原題:HP Urges Investors to Spurn Xerox Takeover on Virus Uncertainty(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE