コンテンツにスキップする

2兆ドル規模の米景気刺激法案、上院採決に遅れが生じる可能性

更新日時
  • 失業給付で変更求める一部共和党議員とサンダース氏が対立
  • 幾つかの条項の文言巡り交渉は続いていると関係者が語る

新型コロナウイルスの感染拡大への対策として、ホワイトハウスと議会上院の民主、共和両党が合意に達した2兆ドル(約222兆円)規模の包括的景気刺激法案は、失業給付に関する対立により上院採決が遅れる可能性が生じている。事情に詳しい関係者によると、中絶に関する条項など、幾つかの条項の文言を巡って交渉は続いている。

  一部共和党議員が低賃金労働者の失業給付拡充に関する条項の変更を求めたのに対し、民主党大統領候補の1人であるサンダース上院議員は25日のツイッター投稿で、こうした変更が行われるようであれば、法案を阻止する用意を表明した。

  共和党議員の一部は、レイオフの対象となった労働者が従来の賃金を上回る失業給付を受け取らないよう給付水準に上限を設けるよう求めた。上限を設定しなければ、経営者にレイオフを促し、米経済に打撃になるとしている。

  サンダース氏はこれに対し、共和党議員らが要求を取り下げなければ、企業助成資金の監督強化などを主張して法案採決を阻止すると警告した。

  その後、ムニューシン財務長官はホワイトハウスでの記者会見で、共和党議員らの失業給付を巡る条項への異議は受け入れられないとした上で、上院が速やかに同法案を通過させると予想していると述べた。

米景気刺激法案、25日中の上院可決見込む-ムニューシン財務長官

  上院の交渉担当者らは景気刺激法案の最終合意草案と書かれた文書を配布した。ブルームバーグがそのコピーを入手した。しかし上院関係者は、同文書は最終版ではないと述べた。

原題:Stimulus Vote Timing in Doubt Amid Dispute Over Unemployment Aid(抜粋)

Text of $2 Trillion Stimulus Plan Is Circulated: Congress Update(抜粋)

(財務長官の発言などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE