コンテンツにスキップする

ソフトバンクGがムーディーズの格下げに反発、格付けを取り下げ

更新日時
  • ムーディーズは格付けをBa1からBa3に2段階引き下げ
  • 資産売却後、2段階の格下げを行う合理性はないとソフトバンクG

ムーディーズ・ジャパンは25日、ソフトバンクグループの格付けをBa1からBa3に2段階引き下げた。さらなる格下げ方向での見直しの対象としている。ソフトバンクGは反発し、格付けを取り下げた。

  ムーディーズは格下げ理由について「アグレッシブな財務方針を反映」と説明。23日に発表した4.5兆円の資産売却のうち最大2兆円を自己株式取得に充てる計画について「資産売却を実行することは容易ではない」と指摘した。

  一方、ソフトバンクGは資産売却を行った場合でも2段階の格下げを行う合理性はないと反発。格付け評価は基準を「大きく逸脱した」ものだとした上で、ソフトバンクGが性急に資産売却を実施し、財務改善を行わないという「誤った理解と憶測に基づく」と批判した。

(ソフトバンクGの反発を中心に書き換えました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE