コンテンツにスキップする
Subscriber Only

株、コロナ急落の4割取り戻す-米景気対策で合意、債券先物下落

更新日時
  • ドル・円相場は1ドル=111円台前半に上昇
  • 長期国債先物は下落、現物債は総じて底堅く推移

新型コロナウイルスの流行によるリスク回避の動きが和らいでいる。前日の米株高に加えて、日本時間25日午後にホワイトハウスが新型コロナウイルスの景気対策で民主党と合意したことが伝わり、好感された。同日の日経平均株価は8%上昇し、景気不安で前月から落ち込んだ下げの4割ほどを取り戻した。東京五輪・パラリンピックの対応が決まったことも買い安心感につながった。

  • TOPIXの終値は前日比91.52ポイント(6.9%)高の1424.62
  • 日経平均株価は同1454円28銭(8.0%)高の1万9546円63銭
  • ドル・円相場は1ドル=111円台前半に上昇
  • 長期国債先物は下落、現物債は総じて底堅く推移

  事情に詳しい関係者2人によると、ホワイトハウスと議会上院の民主、共和両党は新型コロナウイルス対策の包括的救済案で合意に達した。アセットマネジメントOne運用本部調査グループの荻原健チーフストラテジストは欧米や日本で金融や財政面での政策が出そろってきたと指摘。「当面の底値はいったん確認したのではないか」とみる。

  日経平均は2週間ぶりに1万9000円台を回復した。19日の取引時間に付けた安値1万6358円からの反発基調を強めており、2万4000円近くだった2月高値からの下落幅の4割ほどを取り戻した。東海東京調査センターの隅谷俊夫投資調査部長は、東京五輪に関する不透明感が前週までの先物売りの材料の一つだったとみていた。

日経平均とドル円、長期国債先物の値動き(25日)

  外国為替市場でドル・円相場は111円台前半で、ここまでの下げを解消し上昇に転じている。米景気刺激策の合意が好感された。

  ステート・ストリート銀行の若林徳広在日代表兼東京支店長は米国の景気対策の合意について「市場参加者が一息つける待ちに待ったポジティブなニュース」と述べた。ただ、「何らかの合意に至るのは想定の範囲内で相場にある程度織り込み済みだったので、ここからさらにリスクオンの株高やドル高・円安が加速するとは考えにくい」とも指摘した。

  国債市場では、米景気対策の合意を受けて長期国債先物が売られ、中心限月の6月物は前日比13銭安の151円87銭を付ける場面があった。一方、現物債はこれまでの市場混乱で目立っていた換金とみられる売り圧力が後退し、総じて底堅く推移した。長期金利は0.5ベーシスポイント低い0.03%。一時は0.015%まで低下した。

  パインブリッジ・インベストメンツ債券運用部の松川忠部長は、リスク資産市場が安定化すると年金のリバランスなどによる国債売りの緊急性がなくなると指摘。強制的な売却がなくなれば、これまでリスク回避していた投資家がキャッシュを使わざるを得なくなり、来期の債券買いを入れる必要が出てくると言い、この状況では株が上がった方が債券にとってプラスと述べた。

〈きょうのポイント〉

(最新の情報や値動きを加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE