コンテンツにスキップする

クオンツ投資家、株式エクスポージャー急速に縮小-大量売り出にくい

新型コロナウイルス感染拡大が引き起こした記録的なボラティリティー上昇の中で、クオンツ投資家は白旗をあげ、株式エクスポージャーを急速に縮小した。朗報は、これらの投資家からこれ以上大量の売りは出にくいということだ。

  クレディ・スイス・グループのプライムブローカープラットフォームを利用するシステマティック投資家は今月、株式ポジションを先月末に比べて45%減らした。株価下落を計算に入れた上で、マーケットニュートラル戦略のファンドは19日までの5営業日に株式ポジションを15%減らしており、これはデータのある10年間で最速のペース。

  個別銘柄を取引する投資家も指数先物を売買するファンドも、市場エクスポージャーをここ数年で最低に縮小した。

  ニコラオス・パニギリツオグル氏らJPモルガン・チェースのストラテジストはリポートで「今回のレバレッジ解消は終わったのかと言えば、当社はイエスだと考える。少なくともここ数週間の激しさはもうないと推測する。市場の環境がさらに悪化しボラティリティーが上昇するという理論上のシナリオにおいても、売りの想定元本ははるかに少ないだろう」と分析した。

relates to クオンツ投資家、株式エクスポージャー急速に縮小-大量売り出にくい
Risk parity has plunged as bonds and stocks both sold off
relates to クオンツ投資家、株式エクスポージャー急速に縮小-大量売り出にくい

原題:
Quants Are Liquidating Stock Exposures at Fastest Pace on Record(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE