コンテンツにスキップする
cojp

米高級百貨店ニーマン・マーカス、破産法の適用申請を検討-関係者

米高級百貨店ニーマン・マーカス・グループは、債権者との間で破産法の適用申請について協議している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同社は43億ドル(約4800億円)の債務を抱える。

  非公開情報であることを理由に匿名で語った関係者によると、まだ正式な決定は何も下されていない。しかし同社は債権者との間で、経営再建計画を進める間のつなぎ融資の可能性について初期の交渉を行っている。

  ニーマン・マーカスの担当者はコメントを控えた。連邦破産法11条に基づく会社更生手続きが認められれば、同社は事業を継続したまま負債を減らし、コスト削減のために販売不振の店舗などを閉鎖することになる。

  関係者によれば、新型コロナウイルス感染拡大による打撃など状況は流動的であり、計画は変更される可能性がある。

原題:
Neiman Marcus Said to Mull Bankruptcy to Ease Crushing Debt Load(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE