コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、1兆5500億円相当のアリババ株売却を計画-関係者

  • 最大4兆5000億円の資産売却や資金化を行う計画の一環
  • 国内通信子会社やスプリントの一部株式の売却も検討
Masayoshi Son, chairman and chief executive officer of SoftBank Group Corp., left, and Jack Ma, former chairman of Alibaba Group Holding Ltd., shake hands at Tokyo.

Masayoshi Son, chairman and chief executive officer of SoftBank Group Corp., left, and Jack Ma, former chairman of Alibaba Group Holding Ltd., shake hands at Tokyo.

Photographer: Bloomberg
Masayoshi Son, chairman and chief executive officer of SoftBank Group Corp., left, and Jack Ma, former chairman of Alibaba Group Holding Ltd., shake hands at Tokyo.
Photographer: Bloomberg

ソフトバンクグループは中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングの株式約140億ドル(約1兆5500億円)相当の売却を計画している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、最大4兆5000億円の資産売却や資金化を行う計画の一環。

  これら関係者によると、アリババ株の売却額は120億-150億ドルとみられている。ソフトバンクグループは国内通信子会社ソフトバンクの一部株式や、米スプリントの持ち分の一部をTモバイルUSとの合併完了後に売却することも検討していると、関係者1人は匿名を条件に話した。

  資産売却計画については孫正義社長が23日に発表したが、どの資産を手放すかは明らかにしなかった。

原題:
SoftBank Is Said to Plan $14 Billion Sale of Alibaba Shares(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE