コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米議会、FRBの社債購入を認める法案を23日に可決の公算

米連邦議会は23日、米連邦準備制度理事会(FRB)による一段の緊急措置実施に道を開く法案を可決する公算が大きい。FRBが新型コロナウイルス対策で既に取っている異例の政策対応を積み増す格好だ。

  詳細は明らかになっていないが、複数の議員とトランプ政権当局者は22日、対策パッケージにはFRBに社債購入の拡大を認める内容が含まれることを示唆した。

  FRBは企業が短期資金の調達に使うコマーシャルペーパー(CP)を購入する仕組みを既に設けているが、償還日までの期間が長い社債の購入には議会の承認が必要になる。

参考記事:ムニューシン長官:大型の米緊急景気対策、23日の議会通過を想定

原題:
Congress May Allow Fed to Purchase Longer-Term Corporate Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE