コンテンツにスキップする

米失業率は4-6月期に30%に急激悪化も-セントルイス連銀総裁

  • 金融当局は追加融資策で「あらゆる措置を検討中」-ブラード総裁
  • 国債買い入れに「制限なし、必要ならさらに増額も可能」

米セントルイス連銀のブラード総裁は22日、新型コロナウイルス対応による休業などの影響で米失業率が4-6月(第2四半期)に30%に急激に悪化する恐れがあるとの見通しを示した。

  米国内総生産(GDP)は50%減と、未曽有の落ち込みが見込まれるとしている。

  ブラード総裁は米国の回復を確実にするため、4-6月期に失われる推計2兆5000億ドル(約277兆円)の所得を穴埋めする強力な財政対策を呼び掛けた。

  同総裁はセントルイスから電話インタビューに応じ、米金融当局が追加の融資プログラムについて「あらゆる措置を検討中だ」と述べ、既存の緊急権限で「必要に応じ当局が実行できることはまだある」と指摘。「議会の方針次第では、今後数カ月でさらに多くの措置があるだろう」と付け加えた。

  米金融当局は先週、先に購入を表明した5000億ドル(約55兆円)強のうち2720億ドル相当の国債を買い入れた。ブラード総裁はこれを上限と受け止めるべきではないと強調。「これは制限がないものであり、必要ならさらに増やすことができる。当局はできるだけ多くの支援を市場に提供しようとしている」と述べた。

  同総裁はまた、コマーシャル・ペーパー(CP)資金調達ファシリティー(CPFF)が短期債務の借り換えを目指す企業を支援するだろうと述べ、他の社債の買い入れも当局は検討する可能性があると語った。

原題:
Fed’s Bullard Says U.S. Jobless Rate May Soar to 30% In 2Q (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE