コンテンツにスキップする
Subscriber Only

イタリア、封鎖を強化・延長へ-世界最多の新型コロナ死者に政府苦慮

  • コンテ首相、少なくとも5月初めまでの延長検討-関係者
  • 多くの市民は外出禁止を守らず、軍動員で徹底する可能性も

イタリア政府は、国内ほぼ全域で市民の外出を制限している封鎖措置を強化、延長する見通しだ。同国は新型コロナウイルス感染症(COVID19)による死者が発生源の中国をいまや上回り、世界最多となっている。

  非公開の協議内容だとして匿名を条件に語った関係者によると、コンテ首相は現在課している不要不急の市民活動の禁止措置を少なくとも5月1日まで延長することを検討している。感染拡大状況や、多くの市民が現在の措置を実際に守っていないという事実に決定は左右されると、この関係者は述べた。

  政府は外出制限を徹底させるため軍の動員を検討しており、学校は夏休みまで再開されない恐れもあると、関係者は続けた。外出制限の強化では屋外での運動や散歩も含まれる可能性があり、外出が許可されるのは仕事や健康上の理由、緊急の場合に限られるようになるという。

Italy's reported coronavirus death toll has now surpassed that of China's

  イタリアのCOVID19による死者は3405人に達し、国別で中国を上回った。感染者数は4万1035人(回復した4440人を含む)に達している。

  外出制限にもかかわらず、イタリア市民は全てのラジオ局が国歌や名曲を流す金曜午前11時になると、ともに集まって歌っている。

  コンテ首相は現在の封鎖の期限としている25日までに、新たな措置を発表する見込み。

原題:Italy Set to Tighten Its Lockdown as Fatalities Top China (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE