コンテンツにスキップする
Subscriber Only

アマゾンの米配送施設で初の新型コロナ感染確認

  • ニューヨーク・クイーンズの施設に勤務する従業員1人が感染
  • 消毒作業のため施設を一時的に閉鎖-感染した従業員は現在隔離中

アマゾン・ドット・コムは18日、ニューヨーク・クイーンズにある配送施設の一つに勤務する従業員1人が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。同社の米配送ネットワークでの感染確認は初めて。

  アマゾンは消毒作業のためラガーディア空港近くにある同施設を一時的に閉鎖。そこに勤務する従業員には賃金を全額支払い自宅に戻るよう指示した。同施設は、数千人がロボットと共に働くフルフィルメントセンターと比べるとかなり小規模な「デリバリー・ステーション」だという。同施設に勤務する従業員数は明らかにしなかった。

アマゾン、10万人新規採用へ-新型コロナ拡大に伴う宅配急増に対応

  同社は電子メールで送付した資料で、感染した従業員は「現在隔離中で、われわれの支援を受けている」と説明。「全施設の消毒、社会的距離の維持、配達時のドライバーと顧客間の距離拡大など、従業員を守る措置を積極的に実施している」とコメントした。

  クイーンズでのアマゾン従業員の感染確認についてはアトランティック誌が先に報じていた。

原題:Amazon Confirms First Covid-19 Case in U.S. Warehouses (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE