コンテンツにスキップする

新型コロナ感染症、若い人でも重症化することはある-欧米データ

欧州と米国からの新しいデータが、若い人でも新型コロナウイルス感染症(COVID19)が重症化する場合があることを示した。

  中国からの初期のデータは高齢者と基礎疾患のある人が重症化のリスクが高いことを示していたが、欧米では20代から40代前半の人も重症になっている。イタリアとフランスのデータによれば、集中治療室(ICU)での治療が必要になる人も多い。自覚していないが疾患を抱えている人のリスクが特に高い。

  ホワイトハウスの新型コロナ対応コーディネーターのデボラ・バークス氏は18日、米国では最も層の厚いのがミレニアル世代で不釣り合いな感染者数になる可能性があると述べた。ウェブサイト、スタティスタによれば、イタリアの2万8000人近い感染者のほぼ25%が19-50歳だ。

  米疾病対策センター(CDC)によると、米国でも最初の感染者約2500人のうち705人が20-44歳だった。15-20%程度が最終的に入院することになり、約4%がICU入り。何人かは死亡しているという。

  ユタ大学の遺伝学助教授のクレメント・チョウ氏は「私はまだ若く、高リスクグループではないが、ひどい重症でICUに入っている」と15日にツイート。「このウイルスについて、本当にあまり分かっていない」とコメントした。

  同氏は年齢を明らかにしていないが、同氏の研究室のウェブサイトによれば2003年に大学を卒業している。

CDC virus deaths chart

クレジット:米国疾病予防管理センター

原題:
Yes, Young People Are Falling Seriously Ill From Covid-19(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE