コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米オキシデンタル・ペトロリアムを投資不適格に格下げ-ムーディーズ

  • 格付けを「Ba1」に引き下げた-これまでは「Baa3」
  • 昨年のアナダルコ買収に伴う借り入れが「バランスシートの重し」

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは18日、米オキシデンタル・ペトロリアムの格付けをジャンク(投資不適格)級の「Ba1」に引き下げた。従来は「Baa3」だった。

  オキシデンタルがアナダルコ・ペトロリアムを370億ドル(現在の為替レートで約4兆円)で昨年買収したことで生じた借り入れが「バランスシートの重しになり続け、石油価格急落に対応する財務の柔軟性を損ねる」とムーディーズは資料で指摘。「安定的」だった格付け見通しは、格下げ方向での検証に変更された。

  オキシデンタルのビッキー・ホラブ最高経営責任者(CEO)は最近の書簡で、原油安の悪影響と闘うため「積極的な措置」を講じると従業員に伝えた。

関連記事
オキシデンタルがアナダルコ買収合戦で勝利、シェブロンは提案撤回(2019年5月配信)

原題:Occidental Downgraded to Junk by Moody’s on High Debt Load(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE