コンテンツにスキップする

NYSEが23日から立会場閉鎖、関係者2人が新型コロナ感染

更新日時
  • 株式とオプションの取引は完全に電子取引に移行へ
  • NYSE職員と立会場で働く人物が16日に検査で陽性
People walk in front of the New York Stock Exchange (NYSE) on March 17, 2020 in New York City. 

People walk in front of the New York Stock Exchange (NYSE) on March 17, 2020 in New York City. 

Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America
People walk in front of the New York Stock Exchange (NYSE) on March 17, 2020 in New York City. 
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

ニューヨーク証券取引所(NYSE)は23日から立会場を暫定的に閉鎖し、完全な電子取引に移行する。職員1人と立会場で働く人物1人が今週、新型コロナウイルス感染の検査で陽性が確認された。

  NYSE親会社のインターコンチネンタル・エクスチェンジ発表文によると、ニューヨークにある株式とオプションの立会場、サンフランシスコのオプションの立会場は閉鎖される。

  トレーダー宛ての通知書によれば、16日に新型コロナ検査を受けた2人が陽性と判明。1人はNYSE職員で、もう1人は立会場で働く人物。いずれも13日に入館したのを最後に今週は立ち入りを禁じられた。

Trading On The Floor Of The NYSE While U.S. Stocks Pare Weekly Advance As Rally Sparked By Fed Subsides

NYSEの立会場

  NYSEのステーシー・カニンガム社長は「当社の市場は全面的な電子取引で参加者全員にサービスを提供する十分な能力を備えており、立会場を再開できるまでその方式で運営を進める」と説明。 「立会場閉鎖という予防措置を講じるが、投資家がアクセスできるよう市場を開け続けるべきだと引き続き確信している。全てのNYSEの市場は立会場閉鎖でも通常の取引時間で運営を続ける」と述べた。

  立会場は今週中は運営を続ける。17日に「連邦当局推奨の処理方法を使って徹底的に消毒」されており、18日夜も再び消毒が行われる。

  米株式市場は2012年10月にハリケーン「サンディ」の影響で2日間休場とされた。NYSEは01年9月11日の同時多発テロの後、取引を4日間停止した。

  米株式相場の激しい変動や多数の金融業界関係者の在宅勤務移行で、株式市場を開け続けるべきかどうか疑問が浮上しているが、ムニューシン財務長官やクレイトン証券取引委員会(SEC)委員長ら規制当局トップと取引所首脳は市場取引継続に支持を表明している。

原題: NYSE to Shut Trading Floors Monday After Two Are Infected (1)(抜粋)

(消毒作業や過去の休場措置などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE