コンテンツにスキップする
Subscriber Only

中国の康希諾生物、武漢で新型コロナワクチン臨床実験へ-軍と開発

  • 今月から臨床実験開始、年末まで続く-認可得る
  • 動物実験で安全性と免疫を引き出すことができると立証と説明

バイオワクチン製品を手掛ける中国の康希諾生物は18日、新型コロナウイルスに対するワクチンの臨床試験を始める認可を当局から得たと発表した。

  香港取引所に提出された資料によれば、香港上場の同社と中国人民解放軍の軍事科学院軍事医学研究院生物工程研究所が共同開発したこのワクチンは、湖北省武漢で臨床試験が行われる。

  武漢はパンデミック(世界的大流行)となった新型コロナウイルス感染拡大の中心地。

  臨床試験は今月始まり、年末まで続くという。このワクチンは動物実験で安全性とウイルスに対する免疫を引き出すことができると立証されていると康希諾生物は資料で説明した。

関連記事

原題:Chinese Vaccine Approved for Human Testing at Virus Epicenter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE