コンテンツにスキップする

ハイイールド債市場の一部で一斉デフォルトの可能性-ガンドラック氏

  • 格付け会社による債券格下げが増加する見通し-ガンドラック氏
  • 今後1年間のリセッション確率は最高90%-ガンドラック氏

原油安や新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、ハイイールド債市場の一部でデフォルト(債務不履行)の動きが加速する可能性が高いと、ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高投資責任者(CIO)氏が指摘した。

  ガンドラック氏は17日のインターネット配信で、原油価格が30ドルを下回る水準にとどまった場合、「ハイイールド債市場の一部で一斉デフォルトが発生することが見込まれ、石油セクターもそれを確実に織り込んでいることが見て取れる」と述べた。

  格付け会社も債券を格下げし始めており、スプレッド拡大に伴いこの傾向は増加の一途をたどるだろうと同氏は述べた。

  ガンドラック氏はまた、今後1年間のリセッション確率を最高90%とする見方を示した。

原題:
Gundlach Says ‘En Masse’ Defaults Likely for Some Junk Issuers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE