コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米金融当局、ウォール街に融資継続要請-新型コロナ対策で規制微調整

米連邦準備制度理事会(FRB)など金融規制当局は17日、ウォール街の金融機関に対し新型コロナウイルス感染拡大で金融市場が混乱している状況でも信用の流れを維持するよう要請し、金融業界が融資を許容しやすくするため銀行資本規制を微調整した。

  FRBと連邦預金保険公社(FDIC)、通貨監督庁(OCC)は共同声明で「銀行は過去10年間に資本と流動性の水準を2倍以上に高め、従来よりも相当に安全で強固になった。政府機関は銀行がその強さを利用し家庭や企業を支援するよう奨励する」と表明した。

  当局は銀行が大打撃を受けた企業や消費者に対し安心して融資できるよう新たなルールを策定。銀行が配当や経営陣への賞与、自社株買いといった計画を急に停止せざるを得なくなるような金融状況の急激な悪化を懸念する必要なく、資本バッファーを融資に利用できる柔軟性を高めると説明した。

原題:
Fed Eases Wall Street Rules to Urge Lending as Virus Spreads (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE