コンテンツにスキップする

政府・与党、コロナ対策で現金給付1万2000円以上を検討-報道

Pedestrians wearing protective masks cross a road in front of an electronic stock board outside a securities firm in Tokyo.

Pedestrians wearing protective masks cross a road in front of an electronic stock board outside a securities firm in Tokyo.

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
Pedestrians wearing protective masks cross a road in front of an electronic stock board outside a securities firm in Tokyo.
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

新型コロナウイルスの感染拡大による経済の落ち込みへの緊急対策として、政府・与党が1人あたり1万2000円以上の現金給付を検討していることが分かったとテレビ朝日が報じた。

  • 2008年のリーマンショック後に1人あたり1万2000円の給付措置が実施されたが、政府高官は「リーマンショックの水準を超える規模が必要だ」と述べたという
  • 給付対象は子育て世帯や所得の低い人に限ることも検討
  • 一方で、与党幹部からは商品券を配布することで消費につなげる案も浮上しているという

基の情報をご覧になるにはこちらをクリックしてください

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE