コンテンツにスキップする
Subscriber Only

HSBC、ベテラン幹部クイン氏をCEO起用-社外候補検討後に決定

  • クイン氏は過去7カ月にわたり暫定CEOを務めていた
  • フリント前CEOの後任探しで複数の社外有力候補にも打診していた

英銀HSBCホールディングスは17日、過去7カ月にわたり暫定最高経営責任者(CEO)を務めていたノエル・クイン氏を正CEOに指名した。新型コロナウイルスの感染拡大で金融市場が混乱し世界経済がリセッション(景気後退)に向かう中、勤続33年のベテラン幹部に経営の指揮を託す。

  クイン氏就任の決定が明らかにされた数分前、英国政府は新型コロナ感染拡大の影響を和らげるため、企業向け信用枠創設などの大規模な支援策を発表した。

Key Speakers and Interviews From The Second Day At the Bloomberg New Economy Forum

ノエル・クイン氏

写真家:岩部隆明/ブルームバーグ

  昨年8月に辞任に追い込まれたジョン・フリント前CEOの後任探しは、新型コロナ問題が世界経済に打撃を与える前から困難に見舞われた。HSBCは元シティグループのジェームズ・フォレス氏とスティーブン・バード氏、イタリア大手銀ウニクレディトのジャンピエール・ムスティエCEOなど少なくとも3人の社外の有力候補にアプローチしていた。

  マーク・タッカー会長は最終的に、フリント氏辞任後の断固たる行動が評価され社内で「信頼できる人」と呼ばれているクイン氏を選んだ。

  同会長は発表文で、クイン氏は過去数カ月間、業績を持続的に拡大させるための必要な主要措置で賛同を得るため取締役会と緊密に協力してきたと説明した。

原題:After Flirting With Outsiders, HSBC Taps Noel Quinn as CEO (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE